二次会の参加費を渡す際に何かマナーはありますか。

二次会の参加費を渡す際のマナーとは

披露宴に呼ばれた際、その際のご祝儀は、2で割れない数字にすること(今ではお札の数を奇数にすることによってそれも大丈夫になったいます)、それに、ピン札で渡す(これもホテルで行われるのであれば、ホテル側に頼めば、用意してくれています)などがありますが、二次会の参加費を渡す際に何かマナーがあるのでしょうか。

二次会から参加する人は多少のご祝儀もあっても良い

披露宴から参加するのではなく、二次会だけ呼ばれているという方もいます。
そんな方は、二次会の参加費を渡すだけではなく、1万円程度でもよいので、多少のご祝儀を一緒に添えるということも悪くはありません。
ただしこれは、マストではなく、そもそも二次会だけしか呼ばれていないという方は、そこまで仲が良い友達だと相手から思われていないか、披露宴までぎりぎりまで出られるような状況ではないということを当事者も知っていたから呼ばなかったというケースになりますから、これは、正直気持ちです。
ご祝儀も別途渡したいのであれば、受付に渡しておきましょう。

おつりが内容にしておく

二次会の費用は、大概5000円とか、ぴったりになることは少ないといってよいかもしれません。
5500円とか、7200円など、端数があったりします。
ある程度受付の方でもおつりは用意していますが、そもそも、二次会の日程や場所は前もって告げられているので時間がありますよね。
ですから、明朗会計ができるよう、最初からおつりの内容に用意しておきましょう。
ちなみに、ピン札でなくても問題ありません。

封筒に入れる必要はありません

結婚式や披露宴に参加する場合には、必ずご祝儀袋にお金を入れて渡すものですが、もちろん、二次会ではその必要はありません。
裸のお金のまま、受付に渡しても良いので、ご祝儀袋は購入しなくて結構です。
ただし、別途ご祝儀を渡したいという方は、ご祝儀復路に入れて受付に渡しましょう。

二次会の参加費は特に気にするマナーはありませんが、おつりはなるべくないようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加