結婚式の二次会に行きたくない、失礼のない断り方って?

二次会に行きたくない!断る時に気を付けるべき事とは?

結婚式に付き物の二次会。
しかし、知らない人が多く集まる二次会は、めんどくさくて行きたくないという人も多いですよね。
どのようにすれば失礼のないように二次会の参加を断れるのか、二次会の欠席を伝える際に気を付けなければいけない事を紹介します。

必ず新郎新婦に直接断りの理由を伝えよう!

二次会の連絡は、メールやLINEで送られてくる事もあります。
その場合、メールやLINEで不参加の意思を伝えても大丈夫です。
しかし、その時必ず新郎新婦には電話で、もしくは直接会って不参加の理由を伝えましょう。
新郎新婦は出来るなら二次会に参加して欲しいと願っていますし、不参加だとガッカリするのが本音です。
また、中には二次会に不参加=印象悪いと感じる人も少なからずいます。
二次会の不参加が原因で新郎新婦との関係が悪化しないように、直接自分の言葉で不参加の理由を伝えましょう。
その時に参加できずに残念な気持ちとお祝いの言葉を一緒に伝えれば、印象が悪くなることはありません。

断る理由は嘘をついてもOK!

本当の事を話すのが誠実と感じるかもしれませんが、二次会の不参加理由にそれは当てはまりません。
行くのがめんどくさいから、お金がないからと正直に伝えても、「そんな理由で不参加なの?」と悪印象を与えるだけです。
二次会を断る時は、嘘をついてでも「それなら仕方ない」という理由を伝えましょう。
例えば、その日には外せない用事がある、次の日朝が早いなどの理由ならば、新郎新婦も納得してくれます。
大げさな理由だと嘘と見抜かれてしまうので、自然でよくある理由を考えましょう。

お祝いの品を送れば好印象!

断りの連絡を入れるのは気が引ける、新郎新婦は怒ってないか気になる人は、お祝いの品を贈るのがおすすめです。
欠席の連絡と同時にお祝いの品を贈れば、新郎新婦も悪印象を感じる事はありません。
もしお祝いの品を贈るなら、あまりに高すぎると逆に相手に気を使わせてしまいます。
高くても5,000円以内のものにしましょう。
何かと忙しい二次会の当日に贈ると相手の迷惑になる事もあるので、事前に贈るのがおすすめです。

二次会の欠席の連絡は、気を付けないと相手との関係も悪くなってしまうデリケートなものです。
今回紹介した事に気を付けて、相手の事を考えた断り方を考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加