結婚式の二次会の会費ってどれくらいかかるの?

二次会の一般的な会費は5千円ほどになります

二次会の一般的な会費は5千円前後です

一般的に、結婚式の二次会の会費は、だいたい5千円前後です。
なので、二次会の幹事をするなら、会費は5千円と計算しておくといいでしょう。

ただ、東京など首都圏で二次会をする場合、5千円では足りなくなることがあります。
首都圏で二次会をすると、どうしても会場の貸し切り費用などが高くつくので、その分費用がかかってしまうのです。
ですから、首都圏などの物価が高いところで二次会をするなら、会費を7千円前後に設定しておくことをお勧めします。

ちなみに、北海道や九州で二次会をするなら、5千円も会費がいらないことが多いので、その場合は、余った費用を参加者に返金するか、二次会の最後に行うゲーム大会の景品を豪華にしておき、そこに余った費用をつぎ込むといいでしょう。

豪華な二次会ほど会費が高い傾向にあります

結婚式のニ次会といっても、どんなニ次会をするかは、その二次会の主催者である新朗新婦と幹事の性格によって違ってきます。
これらの主催者が派手好きなら、豪聖な二次会になることが多いですし、
逆に地味な性格なら、手土産すらない二次会になることも珍しくありません。

このように、二次会の内容は千差万別なのですが、ひとつだけ、各二次会に共通する点があります。
それは、二次会の内容が充実していればしてるほど、派手であればあるほど、会費が高くつくということです。
首都圏のような物価の高いところで、派手で豪勢な二次会を行う場合、会費が1万円を超えることもあります。
なので、派手好きな新郎新婦の二次会に参加するなら、1万円ほどの出費を覚悟しておいたほうがいいでしょう。

もちろん、幹事の努力によって、色々と手を尽くしているのに会費が5千円以下という、
コスパのいい二次会が行われることもありますが、そういう例はレアケースに過ぎません。
ですので、皆の記憶に残る最高の二次会を作りたいなら、
思い切って会費を1万円にし、その分凝った二次会にするのもありでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加