二次会の司会っていったい何をすればいいの?

前持って決めた通りにニ次会を進行することが司会の仕事です

二次会の司会は計画を予定通りに進めていくための進行役です

ニ次会の司会がやるべきことは、大きく分けて2つあります。
それは、前持って決められたプログラム通りに二次会を進行していくことと、空気を呼んでイベントを盛り上げることです。

この2つの仕事のうち、特に大切なのは計画通りに二次会を動かしていくことです。
新郎新婦の挨拶は5分間、ビンゴ大会は20分間というように、事前にタイムスケジュールを決めておき、それにそってイベントを進行していけば、時間が足りなくなったり、逆に時間が大幅に余るということはないので、多少強引な進行であっても、きっちり時間を守りながら会を進めていきましょう。
そうすれば、大きなトラブルなく司会の仕事を終えることができます。

場の空気を読むことがうまい人は、その空気に合わせて会場を盛り上げてもいいですが、あくまでそれはおまけの仕事なので、そこまで気が回らない人や、空気を読むのが苦手な人は、予定通りに二次会を進行させることだけを考えていけばいいでしょう。

司会をやるなら新郎新婦の希望をしつこいくらいに聞くことが大切です

ニ次会の主役は、あくまで新朗新婦であって司会ではありません。
ここを勘違いしてしまうと、完璧に司会をこなしたにも関わらず、新郎新婦が不機嫌になってしまい、今後の関係に悪影響を及ぼしてしまいます。
これを避けたければ、新郎新婦の希望をしつこいくらいに聞いておきましょう。

彼らが司会に何を望んでいるのか、またどういう二次会にしたいのか、という点を聞いておかないと、司会が理想としている二次会像と、新郎新婦が理想としている二次会像がずれてしまい、結果として不満が残る二次会になってしまうので、そうならないように新郎新婦はどんなニ次会がやりたいのかという点を細かいところまで聞きとっておきましょう。
この時、2人から聞き取っておいたことをメモにすると、後で読み返すことができるので、メモをとっておくことをお勧めします。

これらの事をきっちりやっておけば、新郎新婦にとっても司会にとっても、思い出に残る二次会を作ることができるでしょう。

二次会代行を利用するのも一つの手です♪

●楽しさ100倍にします!芸人さん勢揃いで笑いの渦にハマりましょう!!

●結婚式の二次会幹事を代行|2次会本舗

https://2-hompo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加